どのような車でも稼働時間は買取金額に大きく関わる

車というものは、非常に多彩な種類があります。車というと、いわゆる自家用車などをイメージなさる方が多いでしょう。確かにそれも車には違いないのですが、重機などもその1つですね。いわゆる社用車なども、まず間違いなく「自動車」と言えるでしょう。
そしてどのようなタイプの車でも、結局は「どれだけ使い込んだか」によって買い取り金額が決められる事が多いです。

稼働していた時間を計測するためのアワーメーター

そもそも社用車などの場合は、ちょっと一般車とは違う物があります。アワーメーターという物があるのですが、いわゆる稼働時間を確認するためのメーターなのですね。
社用車というのは一般車と違って、あまり多くの場所に移動しない事も多いのです。クレーン車などの場合は、むしろ1ヶ所にとどまっている事が多いですね。しかしクレーンを動かしているのであれば、まず間違いなく稼動をしている訳です。アワーメーターは、その稼働時間を計測できる訳ですね。

査定基準と車が使われた時間

そしてその時間が短い方が、もちろん買取り金額は低めになります。あまり使い込まれていない社用車の方が、やはり買い取り金額も高めになる訳ですね。新品の車の方が、買取額も高くなるでしょう。
そのアワーメーターというのは、一般車の走行距離のメーターに近いものですね。走行距離が短い車の方が、やはり買い取り金額も高くなるでしょう。
すなわち一般車にしても社用車にしても、「使われた時間」が重視される傾向があるのです。時間が短い車の方が、買い取り金額は高めになる訳ですね。
もっとも時間が短いと言っても、さすがにゼロに近いと買い取り金額が下がる事もあります。ほどほどに使い込んでいる方が、買い取り金額も高くなる事が多いようですね。
どちらにしても、「時間」が査定金額に関わる事だけは確実でしょう。

Categories: 車を高く売ろう!