10年落ち車の買い取り額が厳しくなる2つの理由

車の年式は、買い取り金額を大きく左右します。特に10年落ちの年式の車などは、かなり厳しくなる傾向があるのです。お店によっては処分料金の徴収が発生しますし、ゼロ円引き取りになってしまう事例も多々見られます。

状態が厳しいので低年式車は金額が低めに

ではなぜ年式が車の買取金額に関わってくるかというと、それには主に2つの理由があるのです。1つ目の理由としては、やはり車の状態が挙げられます。
年式が古い車は、もちろんそれだけ使い込まれている訳です。車の状態は買取金額を大きく左右しますが、使い込まれた車などは「前オーナーの使用感」などが見られるでしょう。それに対して年式が新しい車は新品に近いので、やはり買取金額は高くなる傾向があります。
また使い込まれていれば、それだけ車の損傷も大きくなっているものです。機関系統に対するダメージなども蓄積していると考えられるので、買取店での金額は厳しくなりがちです。

タマ数が多めなので売却が厳しくなる

それともう1つ理由があって、車のタマ数です。車の売却額は、市場に出回っている台数と大きな関係があります。レア度が高い車の場合は高く売れやすいですが、どこでも見かけるような車は価値をあまり高く評価されない傾向があるのです。
そして低年式車の場合は、もちろん販売されてからかなり年数が経過しています。それだけ市場に出回っている台数も多いので、レア度が低いと考えられるのですね。
しかし、たまに例外はあります。10年落ちの車でも、道路をほとんど走っていない事があるからです。ですのでレア度が高い車などは、たとえ10年落ちでも高く売れる事はあります。しかし、それは事例は少ないと考えて良いでしょう。
このように車の状態とレア度という2つの理由で、10年落ちの車は売却が厳しくなりがちなのですね。
クラウンロイヤルの下取り価格

Categories: 車を高く売ろう!